子宮癌による転移性肺腫瘍の組織学的特徴が生存率に与える影響の究明

東京大学医学部附属病院呼吸器外科にて 子宮癌の肺転移で肺切除術を受けた方およびそのご家族の方へ   当院では子宮癌による転移性肺腫瘍の組織学的特徴が生存率に与える影響の多施設共同研究に参加しています。本研究では同疾患で肺 […]

2021年肺癌手術をNCDベースで詳細に登録して10年間予後を追跡する前向きデータベース研究

東京大学医学部附属病院呼吸器外科にて、肺癌で2021年に外科手術を施行された方へ 当院では肺癌登録合同委員会が実施する第11次事業全国肺癌登録事業に参加しております。この研究は肺癌の予防、診断、治療の向上に寄与することを […]

転移性肺腫瘍

転移性肺腫瘍 転移性肺腫瘍とは、他の臓器に発生した悪性腫瘍(がん、肉腫を含む)が肺に転移し形成された腫瘍のことを指します。大腸癌、乳癌、腎癌、子宮癌、膀胱癌など様々ながんが肺に転移することが知られています。体内に必要な酸 […]

肺移植について

お薬や酸素吸入などの治療ではどうしても進行を抑えることのできない肺の病気に対して、肺移植という治療法が残されています。移植が生命を救うだけでなく、患者さんの日常生活を大きく改善すると予想される場合に肺移植を考慮することに […]