カテゴリー
新着情報

当科の吉安展将先生が日本胸部外科学会GTCS2022年優秀論文賞を受賞しました

当科の吉安展将先生(大学院生・現在トロント大学留学中)が執筆した、肺移植時の一酸化窒素吸入療法の使用に関する全国調査の論文が日本胸部外科学会誌 General Thoracic and Cardiovascular Surgery 2022年優秀論文賞受賞に選ばれました。吉安先生、おめでとうございます。また全国調査にご協力いただいた全国の肺移植実施施設の先生方、あらためて感謝もうしあげます。

論文のPubmedページ

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33999348/

Yoshiyasu N, Sato M, Nakajima D, Tomioka Y, Watanabe Y, Shiraishi T, Funaki S, Maeda S, Tomoshige K, Nakajima T, Tsuchiya T, Sugimoto S, Yoshino I, Nagayasu T, Chida M, Minami M, Okada Y, Toyooka S, Date H, Nakajima J. Current status of inhaled nitric oxide therapy for lung transplantation in Japan: a nationwide survey. Gen Thorac Cardiovasc Surg. 2021 Oct;69(10):1421-1431. doi: 10.1007/s11748-021-01648-8. Epub 2021 May 17. PMID: 33999348.

Abstract

Objectives: Currently, inhaled nitric oxide (NO) therapy for lung transplantation is not covered by public health insurance in Japan. In this study, we evaluated the perioperative use and safety of inhaled NO therapy for lung transplantation.

Methods: Data regarding the duration of treatment and adverse events of inhaled NO therapy were collected for all lung transplantations performed from January 1, 2015, to December 31, 2019, at nine lung transplant facilities in Japan.

Results: During the study period, lung transplants were performed in 357 patients, among whom inhaled NO therapy was administered to 349 patients (98%). The median initial and median maximum inhaled NO doses were 10 and 20 ppm, respectively. Inhaled NO therapy was introduced during surgery and continued postoperatively in 313 patients (90%) for a median of 4 days. Significant improvements in oxygenation and decreases in pulmonary arterial pressure were observed in patients receiving inhaled NO therapy. Side effects of inhaled NO therapy, such as methemoglobinemia, were observed in 15 patients (4%), with a significant incidence in patients aged < 18 years.

Conclusions: Inhaled NO therapy was performed in almost all patients who underwent lung transplantation in Japan and showed reasonable efficacy. Therefore, public health insurance coverage for inhaled NO therapy during lung transplantation is recommended.

要旨

【目的】現在、日本では肺移植に対する吸入一酸化窒素(NO)療法は保険適用外である。本研究では、肺移植に対する吸入 NO 療法の周術期使用と安全性を評価した。

【方法】吸入 NO 療法の治療期間と有害事象に関するデータを、2015 年 1 月 1 日から 2019 年 12 月 31 日までに日本の 9 つの肺移植施設で実施されたすべての肺移植について収集し解析した。

【結果】研究期間中、357 人の患者で肺移植が行われ、そのうち 349 人の患者 (98%) に吸入 NO 療法が行われた。初期および最大吸入 NO 量の中央値は、それぞれ 10 ppm および 20 ppm だった。吸入 NO 療法は手術中に導入され、術後も 313 人の患者 (90%) で中央値 4 日間継続された。吸入NO療法を受けた患者では、酸素化の有意な改善と肺動脈圧の低下が観察された。メトヘモグロビン血症などの吸入 NO 療法の副作用は 15 人の患者 (4%) で観察され、18 歳未満の患者で有意な発生率を示した。

【結論】 吸入 NO 療法は、日本で肺移植を受けたほぼすべての患者で実施され、妥当な有効性を示した。したがって、肺移植中の吸入 NO 療法の保険適用が推奨される。

准教授(臓器移植医療センター)

外科専門医
呼吸器外科専門医
呼吸器外科評議員