Thoracic Surgery Department

Slide 1

About Us

More than 300 surgical treatments for the chest diseases including the lung, pleura, mediastinum and chest wall are performed annually in this department.

Outpatient Services

Make an appointment

【Call Center】10:00-17:00(Week Days)

+81-3-5800-8630

International Patients ※A formal referral via a coordinator or facilitator is required for international patients. E-mail :international@adm.h.u-tokyo.ac.jp Fax :+81-3-5800-8728

外来・受診案内へ »

東大病院呼吸器外科実績

東大病院呼吸器外科では、肺癌などの肺悪性腫瘍、胸腺腫などの縦隔腫瘍、気胸などの胸膜疾患、肺移植など、年間300件を超えるさまざまな手術を手がけています。2020年はCOVID-19の流行により手術数が制限され、若干の手術件数の低下がありましたが、現在は各部門の努力により正常化しています。その中でも肺移植は29件を実施し、これまでで最多となりました。また患者さんの身体への負担の少ない低侵襲手術に力を入れており、従来の胸腔鏡手術のほか、単孔式胸腔鏡やロボット支援手術を行っています。 2020年の実績 (Achievements in 2020) 東大病院呼吸器外科の手術件数は、ここ数年増加傾向でしたが、COVID-19の影響で2020年はやや減少しました。現在は各部門の努力により、予定手術は正常に行われています。 東大病院呼吸器外科の2020年の手術うちわけでは、原発性肺癌が約40%と最も多く、転移性肺腫瘍14%、肺移植9%と続いています。縦隔腫瘍や気胸、膿胸などさまざまな外科治療を行っています。気管支内レーザー照射やステント留置など、気道疾患にも対応しています。 低侵襲手術 (Minimally Invasive Surgery) 東大病院呼吸器外科では低侵襲手術に力を入れています。肺悪性腫瘍手術の約9割が、体への負担の少ない胸腔鏡手術で行われています。手術術式の選択は患者さんの病状等により大きく異なる可能性があります。詳しくは担当医にお尋ねください。 東大呼吸器外科では、従来の胸腔鏡手術よりもさらに身体への負担が少ない、単孔式胸腔鏡手術も取り入れています。具体的には重症筋無力症や早期の胸腺腫に対する剣状突起下アプローチによる胸腺摘出術や、肺癌などに対する一部の肺葉切除、区域切除が対象になります。手術術式の選択は患者さんの病状等により大きく異なる可能性があります。詳しくは担当医にお尋ねください。 東大病院呼吸器外科では、2021年1月から本格的にDaVinci を用いたロボット支援手術を開始しました。肺葉切除、区域切除が対象となりますが、今後適応を拡大し、さらに患者さんへの身体の負担を減らす工夫と努力を続けていきたいと思います。手術術式の選択は患者さんの病状等により大きく異なる可能性があります。詳しくは担当医にお尋ねください。 肺マッピングとナビゲーション手術 (Lung Mapping and Navigation Surgery) 東大病院呼吸器外科が中心となって行ってきた、微小肺病変切除支援のための気管支鏡下肺マーキング(virtual assisted lung mapping: VAL-MAP法)は先進医療を経て、2018年3月正式に保険診療として認められました。 さらに電磁誘導気管支鏡によるリアルタイムナビゲーショを用いたVAL-MAP(ENB-VAL-MAP) を行うことで、さらに正確かつ身体的負担の少ないVAL-MAPを実施しています。こちらも2020年12月、保険診療で実施可能となりました。 従来のVAL-MAPでは、肺の炭粉沈着などで色素マーキングが見えにくいことがあったため、蛍光胸腔鏡下で高感度に視認可能なインドシアニングリーン(ICG)を併用したICG-VAL-MAPを導入しました。さらに確実なVAL-MAPとナビゲーション手術が提供可能となっています。 VAL-MAP法の詳細についてはこちらのページもご覧ください。 肺移植(Lung Transplantation) 東大病院呼吸器外科では、2015年の肺移植開始以来、2021年1月までに73件の肺移植(生体肺移植15、脳死肺移植58)を実施し、最近では日本で最も多くの肺移植を実施している施設の一つとなっています。 また脳死肺移植待機登録患者数は100名前後となっており、日本で最も多くの患者さんが登録し肺移植を待っている施設の一つです。 肺移植は、間質性肺炎、肺気腫、肺高血圧症などによる終末期呼吸不全に対する最後の砦です。東大病院呼吸器外科で肺移植を受けた患者さんの疾患は、特発性間質性肺炎が最も多く、肺高血圧症、骨髄移植など造血幹細胞移植後の肺障害、その他の間質性肺炎、気管支拡張症(びまん性汎細気管支炎、嚢胞性線維症を含む)、慢性閉塞性肺疾患(COPD、α1アンチトリプシン欠損症を含む)、リンパ脈管筋腫症などと続いています。 当院の肺移植の取り組みについては、こちらのページもご覧ください。 ・東大病院での肺移植について ・肺移植後慢性期の管理について チーム医療(Teamwork) 東大病院呼吸器外科では、呼吸器内科・放射線科と合同で行う毎週の呼吸器キャンサーボードなどを通して、診断から集学的治療までseamlessに肺癌その他の呼吸器疾患の治療を進めています。 東大呼吸器外科では元々ひとつの胸部外科だった心臓外科と、毎朝の合同カンファレンスを行うなど、常に連携しています。肺移植をはじめ、ECMO、人工心肺下の肺手術や、心臓・肺の同時手術など、当院ならではの高度な手術を数多く実施しています。 東大病院呼吸器外科が行っている、肺移植をはじめとする高度医療は、ICU、PICUなどの集中治療部門や、看護師、薬剤師、理学療法士、言語聴覚士、作業療法士、管理栄養士、臨床心理士など、高い知識・技術をもった専門家が高度なチームワークを発揮し、診療を支えています。

Diseases

1. Primary pulmonary cancer
2. Metastatic pulmonary tumors
3. Mediastinal tumors and myasthenia gravis
4. Spontaneous pneumothorax
5. Pleural and chest wall tumors

Treatment Methods

  1. Low-invasive thoracoscopic surgery for pulmonary cancer and metastatic pulmonary tumors
  2.  Extended surgery for advanced pulmonary cancer
  3.  Surgical treatment of mediastinal tumors, particularly thymic tumors and myasthenia gravis
  4. Thoracoscopic surgery for benign pulmonary diseases

Examination methods

  1. Image-based examination combining CT and FDG-PET scanning for pulmonary cancer and metastatic pulmonary tumors
  2. Early treatment of small tumors in the lungs through thoracoscopic diagnosis and simultaneous surgical procedures
  3. Thoracoscopic lung biopsy for diffusive pulmonary diseases 4. Examination of EGFR gene mutation in pulmonary cancer

We treat the following diseases:

(1) Multidisciplinary treatment centered on surgical treatment for primary lung cancer, metastatic lung tumor, and mediastinal tumor

(2) Thoracoscopic diagnosis and thoracic lobectomy, especially for primary lung cancer

(3) Precision thoracoscopic reduction surgery using the bronchoscopic virtual-assisted lung mapping (VAL-MAP *) method for difficult-to-tactile lung nodules

(4) Extended thymectomy for thymic tumor / myasthenia gravis

(5) Thoracoscopic surgery for spontaneous pneumothorax / other benign diseases and elderly / low lung function patients

(6) Thoracoscopic lung volume reduction surgery for emphysema

(7) Lung transplant for end-stage respiratory failure (living lung transplant / brain dead lung transplant)

We mainly treat lung and mediastinal diseases. In particular, taking advantage of the fact that the hospital has specialists for various organ diseases such as cardiac surgery, we provide optimal respiratory surgery for those suffering from multiple diseases.
* VAL-MAP has been covered by insurance since March 2018.

Refer your patient »

Features of our department

■Thoracoscopic surgery

We conduct most of our operations for lungs and the mediastinum using a thoracoscope (video camera) with small skin incisions. Compared with conventional open chest surgery (thoracotomy), thoracoscopic surgery is less invasive for patients. We can complete standard lung cancer operation (pulmonary lobectomy and lymph node dissection) using a thoracoscope.

■Concomitant lung and heart surgery for lung and heart diseases

If a patient has both lung and heart diseases (for example, lung cancer and narrowing of a coronary artery around the heart) and both of them need surgical treatment, we often conduct lung operation and heart operation at the same time by collaborating with our cardiac surgery department.

■Lung volume reduction surgery for pulmonary emphysema

When a patient has severe pulmonary emphysema, lung volume reduction surgery may enhance the patient’s lung function by cutting excessive (over-inflated) lung and then by normalizing the movement of the diaphragm.

■Precise thoracoscopic lung surgery using VAL-MAP

Sato and colleagues developed Virtual Assisted Lung Mapping (VAL-MAP) in 2012 in Kyoto University. In this technique, we use virtual bronchoscopy that is developed from high-resolution CT as a guide of actual bronchoscopy and spray small amount of blue dye (indigo carmine) into the periphery of the lung. This “tattooing” or a “map” on the lung provides “geometric information” to the lung, and thus enable surgeons to complete highly precise thoracoscopic lung resection. Currently patients can undergo VAL-MAP in approximately 20 centers across Japan. VAL-MAP has been safely conducted for more than 400 patients by September 2015 in Japan with satisfactory outcomes. VAL-MAP is remains a clinical research and is not covered by general social insurance, although no extra cost is charged for patients. To know more about VAL-MAP, please consult our specialists. 1) Sato M, et al. Use of virtual assisted lung mapping (VAL-MAP), a bronchoscopic multispot dye-marking technique using virtual images, for precise navigation of thoracoscopic sublobar lung resection. J Thorac Cardiovasc Surg. 2014;147(6):1813-9.

■ Lung transplantation (cadaveric, living-related)

Our hospital is one of the 9 centers approved to conduct cadaveric lung transplantation (lung transplantation from a brain-dead donor) in Japan. We have been listing many lung-transplant candidates on the Japan Organ Transplantation network. Our lung transplant program is expanding in collaboration with our cardiac surgery department that is now conducting the largest number of heart transplantation in Japan. Diseases that may be treated by lung transplantation include pulmonary artery hypertension, idiopathic or secondary interstitial pneumonia (pulmonary fibrosis), pulmonary emphysema, bronchiectasis, sarcoidosis, lymphangioleiomyomatosis (LAM), Eissenmenger’s syndrome, bronchiolitisi obliterans (BO), eosinophilic granuloma, diffuse panbronchiolitis (DPB), chronic thromboembolic pulmonary hypertension (CTEPH), multiple pulmonary arteriovenous fistula, alpha-1-antitrypsin deficiency, cystic fibrosis, and other progressive and irreversible pulmonary diseases. Application of lung transplantation needs specialized judgement based on patients’ condition and other factors. To know more about lung transplantation, please consult our specialists.

To Doctors and Medical Institutions

Residency Program

研修内容 ◆ 目標呼吸器外科専門医として、原発性肺癌をはじめとする疾患を有する患者の診断・外科療法を適切に行いうる技術および医師としての倫理を身につけることが目標となります。卒後5年で外科専門医資格、卒後7~11年までに呼吸器外科専門医資格を取得します。国内・国際学会での発表や英文雑誌へ...

研修担当:

呼吸器外科
長山 和弘
TEL: 03-3815-5411 ext. 37586
FAX: 03-5684-3989
E-mail: NAGAYAMAK-SURh.u-tokyo.ac.jp

なお、外科系研修医の専門研修については、東京大学外科系ホームページ
および東大病院総合研修センターもご参照ください。

患者さんご紹介希望の方

ご紹介いただく患者さんのご予約は「予約センター」にご連絡ください

予約に際しては、紹介状の宛先等について確認させていただいております。受診当日は紹介状の原本、検査データ等をお持ちください。

患者さんご紹介

【予約センター】10時00分~17時00分(平日)

03-5800-8630

音声ガイダンス「6」