Categories
FAQ 肺がんが疑われたら

Q7.「肺癌疑い」といわれて手術を勧められました。

Q7. レントゲンで異常があるといわれて専門機関を受診しました。 CT検査を撮影したところ、「肺癌疑い」といわれて手術を勧められました。 まだ肺癌かどうかわからない状況ではたして手術は必要なのでしょうか? A. 肺野に異常を指摘された場合、CTを用いた精密検査が必要です。 撮影されたCTは放射線科医による読影が行われ、 CT所見から強く肺癌が疑われる場合があります。 肺癌が疑われる場合、確定診断に先立ち肺癌に準じて病期診断が行われることがあります。 病期診断にはPET検査、脳CT(MRI)、骨シンチ、腹部超音波、腹部CTなどがあります。 これらの検査の結果に基づき、肺癌であった場合の病期(すなわち進行具合)が決定されます。 仮に肺癌であった場合、病理診断ならびに病期によって治療方針が異なります。 IA期からIIIA期の一部までの非小細胞肺癌は手術の適応となります。 このため気管支鏡・CTガイド下肺針生検によって非小細胞肺癌の確定診断が得られ、 手術適応と考えられる場合には手術(肺葉切除、リンパ節郭清)が行われます。 一方、CT所見から強く肺癌が疑われるにもかかわらず、 気管支鏡・CTガイド下肺針生検で確定診断が得られなかった場合、 確定診断をつけるために胸腔鏡下生検をお勧めします。 胸腔鏡下生検は全身麻酔下に行われる手術です。 すなわち気管支鏡・CTガイド下肺針生検の結果にかかわらず、 CT所見からIA期からIIIA期の非小細胞肺癌が強く疑われる場合、手術適応となります(“肺癌のCT所見”参照)。 このため気管支鏡・CTガイド下肺針生検を省略して、胸腔鏡下生検が選択されます。 なお、肺癌診療ガイドラインでは「一部の手術例を除き, 組織もしくは細胞診断は治療開始前に行うように勧められる。その方法としては, 経気管支生検, 経皮生検, 胸腔鏡下生検, 開胸生検などがあり、患者の状況と施設の状況から適切な方法を用いるべきである」となっています(文献20)。 手術前に確定診断が得られていない症例では、 胸腔鏡下生検と術中の迅速病理診断の結果に基づき、肺癌手術が行なわれます(Q8参照)。

Categories
FAQ 肺がんが疑われたら

Q6. 気管支鏡検査を行うよう言われましたが必要ですか?

A. 現在用いられているヘリカルCTは非常に精度が高いため、 肺野の状態を詳細に診断することができます。 ただし中心型早期肺癌(扁平上皮癌)の診断には むしろ喀痰細胞診や気管支鏡検査が用いられます。 血痰が出る方、喀痰細胞診で異常を指摘された患者さんのうち CT検査にて肺野に異常が認められない方には、気管支鏡検査をお勧めします。 一方、肺野末梢に存在するIA-IIIA期非小細胞肺癌が強く疑われる場合、 胸腔鏡下生検により確実な診断が可能です。 また迅速病理検査を行うことにより手術中に診断をつけることができます。 このため、気管支鏡検査を省略して、1回の手術(胸腔鏡下検査)で診断と治療を兼ねることができます。 気管支鏡検査以外の方法としてCTガイド下肺針生検があります。 病変の部位・大きさにより両検査の診断率、起こりえる合併症の頻度は異なります。

Categories
FAQ 肺がんが疑われたら

Q5. 仕事が忙しいので3ヵ月後に検査を受けたいが大丈夫でしょうか?

A. 癌の進行速度は個々の患者さん毎に異なりますが、 肺癌であると診断されている症例、肺癌が強く疑われる症例については 早期の診断と治療をお勧めします。 時間経過とともに癌の進行、リンパ節や遠隔臓器への転移のリスクが高くなるためです。 外来通院や入院にあたり日程の調整は担当医とご相談ください。 またお仕事をお休みする際に会社に提出する書類(診断書など)については 個別に対応させていただきます。

Categories
FAQ 肺がんが疑われたら

Q4. たばこをすわないのに肺癌にかかることがあるのでしょうか?

A. 肺癌患者さんのうち男性では70.4%、女性では26.3%が、 本人の喫煙に起因すると推定されています(文献19)。 このことは逆に男性患者の29.6%、女性患者の73.7%の方は、 本人の喫煙に関係なく肺癌に罹患されていることを示しています。 ただし、本人がたばこを吸わない場合でも、周りに喫煙される方がいて、 その煙を吸い込んでしまう環境(受動喫煙)は危険因子の一つになります。 一方、たばこと関連なく肺癌に罹患される患者さんもいらっしゃいます。 現在、肺癌の危険因子に関する多くの疫学研究や基礎研究が行われており、 今後の原因究明が望まれます。

Categories
FAQ 肺がんが疑われたら

Q3. 喫煙をやめるようにいわれたのですが

A. 喫煙は肺癌の危険因子です(文献16, 17)。 たばこを吸う人が肺癌になる危険率は、たばこを吸わない人の10-20倍と報告されています。 喫煙開始年齢が若いほど、また喫煙量が多いほど肺癌リスクは高くなります(文献18)。 一方、禁煙をすることで肺癌リスクは低下し、禁煙年齢が低いほど、その効果が大きいとされています。 肺癌以外にも、喫煙は肺癌以外にも肺気腫などの病気の原因となります。 またあなたが喫煙をすることで、周りの方に健康被害を及ぼす恐れがあります。 ですので、喫煙をやめる努力をするのが望ましいのです。 喫煙をやめることが難しい方には、禁煙外来があります。 詳細は担当医にご相談ください。