呼吸器外科

教授、科長

(昭和57(1982)卒)
診療日:木曜AM

健康に暮らすためには身体のすべての部位が順調に機能することが大切です。肺や心臓など胸部の病気は生命維持を直接脅かすものであり、適切な診断と治療が必要となります。

呼吸器外科では胸部、特に肺・縦隔・胸膜・胸壁の病気の診断と治療を行います。良性や悪性の腫瘍、気胸などに対する手術治療を行います。

ご自身またはご家族が胸部レントゲンやCT撮影を行ったところ、医師から「胸に異常な影がある」「肺がんかもしれない」と伝えられ、不安な気持ちでこのページをご覧になっている方がいるかもしれません。私どもはそのような方々の心配にお応えすべく、診察・診断・治療を行っています。呼吸器内科や放射線科の医師と協力し、一人一人に対して最も適切な治療法を選択するようにしております。また、このホームページにも病気に対する解説がありますのでご覧ください。

呼吸器の病気は、ご高齢の方や呼吸機能に障害がある方、肺だけでなく心臓疾患などの合併症をお持ちの方のほうがかかりやすいようです。私どもはこのような方々に対してなるべく負担の少ない内視鏡手術(胸腔鏡手術)を積極的に行い、元気に早期退院できるようにしています。また、必要な場合には心臓外科と協力して肺と心臓の同時手術を行う体制もあります。

呼吸器外科専門医・外科専門医の資格を有するスタッフが最新の知識と技術をもって診療を行います。胸部疾患の患者を診療されている先生方には当科にお問い合わせいただければ急ぎ対応申し上げます。