心臓移植について    


外科専門医

心臓移植とは、亡くなった他の方(ドナー)から心臓の提供を受け、自分の心臓の代わりに植込むことで心不全を改善する治療です。なんらかの理由で脳死に至ったドナーの方の善意によって初めて成り立つ治療ですので、臓器提供を受けられる方(レシピエント)となる条件も限られています。具体的には、下記のような疾患で、内科的治療(内服薬、点滴薬)で症状が改善しない場合に心臓移植が考慮されます。

1.特発性心筋症

a. 拡張型心筋症

b. 拡張相肥大型心筋症

  1. 拘束性心筋症

2.虚血性心疾患(心筋梗塞)

3.心臓弁膜症

4.先天性心疾患(外科的に修復のできない場合)

5.その他:心筋炎、サルコイドーシス、心臓腫瘍、薬剤性心筋障害など

(図1:心臓移植のイメージ図)

 

多くの患者様は移植希望者として登録(日本臓器移植ネットワーク)すると、補助人工心臓を装着し退院後、自宅で移植を待機することになります。→補助人工心臓につい

 

心臓移植については現在9施設が認定されており(小児心臓移植は3施設)、東大病院では国内でも特に多くの手術を行っております(図2:全国の心臓移植数の推移と東大での推移)。しかしながら、ドナー数の不足から多くの心不全の患者様が長期間待機しており、今後の課題になっています。

 

心臓移植について詳しい説明はこちらまで

→日本移植学会

→日本臓器移植ネットワーク