「呼吸器外科疾患に関する後ろ向き非介入研究」へのご協力のお願い

研究参加者の皆様へ
研究課題「呼吸器外科疾患に関する後ろ向き非介入研究」へのご協力のお願い
 東大病院呼吸器外科では、病気で困っている患者様の治療法を向上させるため、さまざまな臨床研究を行っています。今回、下記の研究1件を行いたいと考えています。研究を行うにあたっては、対象となる方が特定できないよう、個人情報の保護には十分な注意を払います。もしも下記の研究内容に該当すると思われた方で、ご自身の検査データなどが用いられることにご質問等のある方、または研究の対象となる方のご家族で同様の質問をお持ちの方は、下記の連絡先にご連絡ください。
1.この研究の概要
【研究課題】呼吸器外科疾患に関する後ろ向き非介入研究
【研究機関名及び研究責任者氏名】
この研究が行われる研究機関と研究責任者は次に示すとおりです。
 研究機関 東京大学大学院医学系研究科 呼吸器外科学
 研究責任者    中島 淳 (呼吸器外科・教授)
【研究期間】2017年*月*日から10年間

【研究目的】
東京大学呼吸器外科では原発性肺癌(肺がん)をはじめとする胸部悪性腫瘍疾患、自然気胸などの良性呼吸器疾患、およびび漫性肺疾患に対する肺移植治療を行うとともに、患者さんのためにより良い治療・治療成績を提供できるように、過去に我々が経験した症例の記録をもとに研究を行っています。 本研究の目的は、当科で入院・外来治療を受けた方の治療記録・検査データ・レントゲンやCTなどの画像所見を得ることと、そのデータをもとに様々な疾患の病状の解析を行うことにあります。
【研究方法】 
当科にて入院または外来治療を行なった患者さんについて、その後に病歴(カルテ)・画像所見・病理組織診断をもとに呼吸器外科分野の特定疾患における臨床病理学的特徴・治療の効果判定・予後に影響を与える因子について検討を行います。 毎年300名程度の方が対象となる予定です。 本研究は、通常の診療を行った方の資料を、事後に調査するものであり、患者さんに特別な処置・手術・治療を行うものではありません。研究は東京大学医学部附属病院内で行われます。集められた資料は研究責任者が厳重に保管し、解析を行う前にデータを匿名化いたします。患者さんにはこの研究に参加することによって身体的・経済的などの負担が加わることはありません。
2.研究協力の任意性と撤回の自由 
 この研究にご協力いただくかどうかは、研究参加者の皆様の自由意思に委ねられています。
もしも研究参加を希望されない場合は、下記の連絡先にお伝えください。なお、研究にご協力いただけない場合にも、皆様の不利益につながることはありません。ご本人(未成年者等の場合は、ご家族、本人の意思表明が困難な場合は保護者)の申し出があれば、可能な限り採取した資料(試料)等及び調べた結果を廃棄します。(明確な申し出の期日があればご記載ください)ただし、同意を撤回されたとき、すでに研究結果が論文等に公表されていた場合等は、廃棄することができませんのでご了承ください。
3.個人情報の保護
 この研究に関わる成果は、他の関係する方々に漏えいすることのないよう、慎重に取り扱う必要があります。あなたの人体試料や情報・データは、解析する前に氏名・住所・生年月日等の個人情報を削り、代わりに新しく符号をつけ、どなたのものか分からないようにした上で、当研究室において***で(保管方法を記載、個人情報管理担当者のみ使用できるパスワードロックをかけたパソコン、鍵のかかるロッカ
4.研究結果の公表
 研究の成果は、個人的にお問い合わせがあった場合にお伝えすることはありません。あなたの氏名等の個人情報が明らかにならないようにした上で、学会発表や学術雑誌及びデータベース上等で公表します。  もちろん通常診療として行われる検査の結果については、お問い合わせがあった場合にはしかるべき方法にてお伝えいたします。

5.研究参加者にもたらされる利益及び不利益
 この研究が、あなたに直ちに有益な情報をもたらす可能性は高いとはいえません。しかし、この研究の成果は、今後の呼吸器外科疾患の研究発展に寄与することが期待されます。したがって、将来、あなたのご病気の治療に関して利益をもたらす可能性があると考えられます。
6.研究終了後の資料(試料)等の取扱方針
 あなたからいただいた資料(試料)等は、この研究のためにのみ使用します。しかし、もしあなたが同意してくだされば、将来の研究のための貴重な資源として、研究終了後も引き続き保管します。符号により誰の資料(試料)等かが分からないようにした上で、研究責任者のみ使用できるパスワードロックをかけたパソコンおよび院内のセキュリティー機能のあるコンピューターサーバー内に厳重に保管します。なお、将来、当該資料等を新たな研究に用いる場合は、改めて東京大学医学部倫理委員会の承認を受けた上で用います。
○破棄する場合→
研究期間終了後、あなたからいただいた資料等のデータを消去します。ただし、さらに研究期間を延長する可能性があります。

7.あなたの費用負担
 今回の研究に必要な費用について、あなたに負担を求めることはありませんが、通常の診療における自己負担分はご負担いただきます。
8.研究から生じる知的財産権の帰属
 本研究の結果として特許権などが生じる可能性がありますが、その権利は国、研究機関、民間企業を含む共同研究機関及び研究従事者などに属し、皆様はこの特許権等を持ちません。また、その特許権等に基づき経済的利益が生じる可能性がありますが、これについての権利も持ちません。
9.その他
 この研究は、東京大学医学部倫理委員会の承認を受け、東京大学大学院医学系研究科・医学部長(申請者が医学部附属病院所属の場合、東京大学医学部附属病院長)の許可を受けて実施するものです。なお、この研究に関する費用は、東京大学大学院医学系研究科・医学部外科学専攻呼吸器外科学の大学運営費から支出されています。
○本研究に関して、開示すべき利益相反関係はありません。
ご意見、ご質問等がございましたら、お気軽に下記までお寄せください。

2017年*月*日.
本研究に関する連絡先:
〒113-8655 東京都文京区本郷7-3-1 
東京大学医学部附属病院 
呼吸器外科 中島 淳  
電話番号:03-3815-5411 内線33302
*****************************************************************************

特任講師(病院)

外科専門医
呼吸器外科専門医