呼吸器外科について

東京大学医学部附属病院 呼吸器外科では、肺がん、転移性肺腫瘍、縦隔腫瘍、胸膜中皮腫などの胸部にできる良性および悪性の腫瘍に対する手術、また肺に穴があいてしぼんでしまう気胸を治す手術などを担当しています。

最近はほとんどの手術を小さな傷から内視鏡を通して病変を見ながら行う、胸腔鏡という手段が用いられています。術後の傷の痛みも少なく、早く普通の生活に戻れるようになりました。

どのような病気であっても早く発見して治療すれば完治できますので、受診されますようお願いいたします。