教授ごあいさつ

昭和57(1982)卒

呼吸器外科専門医・終身日本呼吸器外科学会指導医・日本胸部外科学会指導医
外科専門医・外科指導医
呼吸器専門医
気管支鏡専門医
日本移植学会移植認定医

中島 淳

教授、科長

健康に暮らすためには身体のすべての部位が順調に機能することが大切です。肺や心臓など胸部の病気は生命維持を直接脅かすものであり、適切な診断と治療が必要となります。

呼吸器外科では胸部、特に肺・縦隔・胸膜・胸壁の病気の診断と治療を行います。良性や悪性の腫瘍、気胸などに対する手術治療を行います。

ご自身またはご家族が胸部レントゲンやCT撮影を行ったところ、医師から「胸に異常な影がある」「肺がんかもしれない」と伝えられ、不安な気持ちでこのページをご覧になっている方がいるかもしれません。私どもはそのような方々の心配にお応えすべく、診察・診断・治療を行っています。呼吸器内科や放射線科の医師と協力し、一人一人に対して最も適切な治療法を選択するようにしております。また、このホームページにも病気に対する解説がありますのでご覧ください。

呼吸器の病気は、ご高齢の方や呼吸機能に障害がある方、肺だけでなく心臓疾患などの合併症をお持ちの方のほうがかかりやすいようです。私どもはこのような方々に対してなるべく負担の少ない内視鏡手術(胸腔鏡手術)を積極的に行い、元気に早期退院できるようにしています。また、必要な場合には心臓外科と協力して肺と心臓の同時手術を行う体制もあります。

呼吸器外科専門医・外科専門医の資格を有するスタッフが最新の知識と技術をもって診療を行います。胸部疾患の患者を診療されている先生方には当科にお問い合わせいただければ急ぎ対応申し上げます。

呼吸器外科について

当科は、1年間に300例を超える肺・縱隔(じゅうかく)手術を行っている国内有数の施設です。
肺癌、転移性肺腫瘍、縦隔腫瘍、胸膜・胸壁腫瘍などの胸部腫瘍疾患の手術治療を行っています。気胸、その他手術治療が必要な良性胸部疾患に対しても手術治療を行っています。胸腔鏡手術を積極的に行い、術後早期の機能回復に努めています。以下の疾患については、当科では多数の方を治療しています。

(1) 原発性肺癌・転移性肺腫瘍・縦隔腫瘍に対する外科治療を中心とした集学的治療
(2) 特に原発性肺癌に対する胸腔鏡下診断および胸腔鏡下肺葉切除
(3)触知困難肺結節に対する気管支鏡バーチャル3D肺マッピング(virtual-assisted lung
mapping: VAL-MAP*)法を用いた精密胸腔鏡下縮小手術
(4) 胸腺腫瘍・重症筋無力症に対する拡大胸腺全摘術
(5) 自然気胸・他良性疾患や高齢者・低肺機能患者に対する胸腔鏡手術
(6) 肺気腫に対する胸腔鏡下肺容積減量手術(Volume reduction surgery)
(7)末期呼吸不全に対する肺移植(生体肺移植・脳死肺移植)

などを中心に、肺・縱隔疾患の治療を行っています。特に、心臓外科をはじめとした各臓器疾患のスペシャリストがそろった病院であるという特長を生かし、複数の疾患に罹患された方のために最適な呼吸器外科治療を行います。
*VAL-MAPは保険適応となっておらず、「臨床研究」として実施しています。

治療方針

(1)非小細胞肺癌に対する治療:肺葉切除・標準リンパ節郭清が原則ですが、術前肺門・縦隔リンパ節転移陽性診断例に対しては化学療法・放射線療法を併用した集学的治療ならびに拡大手術を考慮いたします。胸腔鏡補助下肺葉切除(VATS-lobectomy)を行います。胸壁・大血管浸潤例に対しては心臓血管外科の技術を生かした拡大切除を行います。

(2)術前未診断肺内腫瘤(肺癌疑診)に対しては、胸腔鏡下肺生検を行い、迅速病理診断の結果から肺癌であれば続けて肺癌に対する治癒手術を行います。また触知困難、術中同定困難と予想される肺内結節に対しては、積極的に気管支鏡バーチャル3D肺マッピング(virtual-assisted lung mapping: VAL-MAP*)法を用いた最先端の精密胸腔鏡下縮小手術(肺部分切除、区域切除、複雑区域切除)を行っています。このような早期の小さい肺癌に対する手術の術後成績は非常に良好です。

(3)胸腔鏡手術:自然気胸など良性疾患に対しては極力低侵襲である胸腔鏡手術による治療を行います。

(4)転移性肺腫瘍:原発巣が治癒している事を条件として、肺転移に対して外科治療を行います。胸腔鏡による低侵襲手術を優先して行います。肝臓転移合併例に対しては当院肝胆膵外科との協力の下に、肝臓・肺転移の両方を外科的切除します。これまで切除困難だった5mm以下の比較的小さな転移性肺腫瘍、転移性肺腫瘍に対する化学療法後の残存小病変に対しても気管支鏡バーチャル3D肺マッピング(virtual-assisted lung mapping: VAL-MAP*)法を用いた精密胸腔鏡下縮小手術を行うことがあります。

(5)肺移植:内科的には治療困難な進行性呼吸不全に対し、一定の基準を満たした場合、肺移植を考慮します。

*VAL-MAPは保険適応となっておらず、「臨床研究」として実施しています。

当科の特徴

■胸腔鏡下手術

肺・縦隔疾患に対する手術治療をテレビモニター観察下に内視鏡的に行う方法です。通常の開胸手術と比較すると皮膚切開創は小さく低侵襲性である点が優れています。

肺癌に対する標準手術(肺葉切除・リンパ節郭清)も胸腔鏡下手術で行なうことが可能です。

■循環器疾患を合併する呼吸器疾患に対する呼吸器・心臓同時手術

手術治療を要する悪性肺・縦隔疾患患者に虚血性心疾患などの循環器疾患を合併した場合に、心臓手術と呼吸器手術を一期的に施行します。

■肺気腫に対する容量減少手術

肺気腫によって過膨張した肺容積を適度な肺切除を行うことによって、肺残気良を減少させ、横隔膜運動を適正化させ、呼吸機能を向上させます。

■VAL-MAPを用いた精密胸腔鏡下縮小手術

気管支鏡バーチャル3D肺マッピング(virtual-assisted lung mapping: VAL-MAP)法は2012年に佐藤雅昭講師が京都大学(当時)で開発した方法で1)、手術から2日以内に局所麻酔下に気管支鏡を使って、肺表面の複数個所に少量の色素(インジゴカルミン)を噴きつけます。手術中、肺表面に複数のマーキングスポットを確認することができ、これを「地図」として利用した精密な肺切除が可能となるため、マッピングと呼んでいます。また一連の準備には高解像度CT画像をもとにつくられたバーチャル気管支鏡、バーチャル3D画像を利用するため、Virtual assistedと呼んでいます。VAL-MAPを利用した精密胸腔鏡下縮小手術は、現在多施設共同研究として国内の約20の施設で実施されています。術中同定困難な病変の同定および確実な切除マージンを確保する目的でこれまで全国で300例以上が実施され(2015年4月時点)、良好な結果と高い安全性が示されています。当院では2014年1月から本法を採用しており、原発性肺腫瘍疑いのすりガラス病変や転移性肺腫瘍を主な適応としています。VAL-MAPは保険適応となっておらず「臨床研究」として実施、またVAL-MAP補助下の手術は保険診療として実施しています。

1) Sato M, et al. Use of virtual assisted lung mapping (VAL-MAP), a bronchoscopic multispot dye-marking technique using virtual images, for precise navigation of thoracoscopic sublobar lung resection. J Thorac Cardiovasc Surg. 2014;147(6):1813-9.

■肺移植(脳死肺移植・生体肺移植)

当院は日本で9つある脳死肺移植認定施設であり、脳死肺移植待機患者を積極的に受け入れ日本臓器移植ネットワークに登録しています。国内で最も多くの心臓移植を手掛けている当院心臓外科の全面協力のもと、チーム一丸となって肺移植医療にとりくんでいます。

肺移植適応となる主な疾患は、原発性肺高血圧症(特発性肺動脈性肺高血圧)、特発性肺線維症(特発性間質性肺炎)、その他の間質性肺炎(膠原病関連間質性肺炎、慢性過敏性肺臓炎なども含みます)、肺気腫、気管支拡張症、肺サルコイドーシス、肺リンパ脈管筋腫症、アイゼンメンジャー症候群、閉塞性細気管支炎、肺好酸菌性肉芽腫症、びまん性汎細気管支炎、慢性血栓梗塞症性肺高血圧症、多発性肺動静脈瘻、α1アンチトリプシン欠損型肺気腫、嚢胞性肺線維症、じん肺、その肺・心肺移植関連学会協議会で承認する進行性肺疾患などです。肺移植の適応となるかどうかは、患者さんの状態、年齢等により大きく異なりますので詳しくはお問い合わせください。

◆その他臨床研究に関するお知らせ
臨床研究についてのお知らせ」← こちらをクリック

◆医療関係者向けパンフレット
肺癌の外科治療~肺癌が疑われたら~」 ← こちらをクリック

実績

2014年肺縦隔手術総数 273例
内訳:原発性肺癌121、転移性肺腫瘍 44 、縦隔腫瘍・重症筋無力症 27、胸壁腫瘍8、胸膜腫瘍 4 、気胸23、感染症・その他 46

研究業績

最近の研究内容についてはこちらをごらんください。