Q3. 喫煙をやめるようにいわれたのですが

A. 喫煙は肺癌の危険因子です(文献16, 17)。

たばこを吸う人が肺癌になる危険率は、たばこを吸わない人の10-20倍と報告されています。

喫煙開始年齢が若いほど、また喫煙量が多いほど肺癌リスクは高くなります(文献18)。

一方、禁煙をすることで肺癌リスクは低下し、禁煙年齢が低いほど、その効果が大きいとされています。

肺癌以外にも、喫煙は肺癌以外にも肺気腫などの病気の原因となります。

またあなたが喫煙をすることで、周りの方に健康被害を及ぼす恐れがあります。

ですので、喫煙をやめる努力をするのが望ましいのです。

喫煙をやめることが難しい方には、禁煙外来があります。

詳細は担当医にご相談ください。