肺癌が疑われる場合の診断方法

肺癌が疑われる場合、きちんと診断をつけることが大事です。
検査方法には気管支鏡、CTガイド下肺針生検、胸腔鏡下生検などがあります。
それぞれの検査方法は病変の部位や大きさなどに応じて使い分けられます。
Figure8