CTガイド下肺針生検

CTを用いて位置決めをした後、局所麻酔下に体の表面から針を刺して病変の一部を採取します。

合併症として気胸(15-25%)と出血(2-6%)があります。

またまれに空気塞栓、腫瘍播種(癌細胞をばらまいてしまう)といった合併症がみられます。

検査は入院して行います。

特別な合併症がなければ検査翌日に退院となります。

気胸の程度によっては胸腔ドレーンを挿入する処置が必要となります。
この場合入院日数は長くなります。

CTガイド下針生検の適応は、気管支鏡検査が困難と予想される病変や、
気管支鏡検査で診断が得られなかった病変などになります。
検査の感度は86%、特異度は98%程度です(文献9)。

すなわち、診断精度は気管支鏡より高いといえますが、偽陰性(正しい診断が得られない)となる可能性は残ります。

Figure10.1
上)CTを用いて位置決めをした後、穿刺針を病変部に挿入して検体を採取します。

この写真では、うつ伏せの姿勢で背中側から針を挿入しています。
Figure10.2