肺癌のCT所見

胸部レントゲンで異常を指摘された方にはCT検査を行います。

「肺癌を疑う」CT所見には、
大きさ・部位・辺縁の性状(けば立ちやひきつれ)・濃度(周囲の淡いスリガラス)などがあります。
これらの所見を総合して、『肺癌の可能性がどの位であるか』をお伝えします。

○ 肺癌のCT画像

○ (比較)良性腫瘍のCT画像
Figure14.7
良性腫瘍(過誤腫)のCT画像は、肺癌と異なり均一な円形で辺縁は平滑です。