心臓から拍出された血液を全身の臓器に送り届けるための「パイプ」の働きをする大動脈が動脈硬化や先天異常、炎症、感染などの理由から拡大・瘤化した状態のことを大動脈瘤と呼びます。横隔膜よりも頭側に病変がある場合、胸部大動脈瘤と称しますが、中でも大動脈基部(バルサルバ洞)の拡張を大動脈弁輪拡張症、横隔膜をまたいで病変が広がっているものを今日腹部大動脈瘤と呼んだりします。

胸部大動脈瘤 関連記事
対象疾患
治療方法