東大病院心臓外科・呼吸器外科
沿革

当科は、国立大学としては初の胸部外科講座として昭和39年(1964年)に発足しました。その後、心臓外科と呼吸器外科がそれぞれ独立の診療科となった後も、胸部外科講座は心臓外科・呼吸器外科2議座によって構成される教室体制を維持しています。

もっとみる
トピックス
トピックス
Video
東大病院心臓外科では、 狭心症や心筋梗塞といった虚血性心疾患、 僧帽弁、大動脈弁と言われる心臓の弁の病気(弁が狭くなった...
「植込み型の補助人工心臓治療(VAD: Ventricular Assist Device)」とは、ご自分の心臓だけでは...
「心臓弁膜症(Valvular heart disease)」とはどういう病気でしょうか?最新の治療方法とともに解説しま...
Video
東京大学医学部附属病院 呼吸器外科では、肺がん、転移性肺腫瘍、縦隔腫瘍、胸膜中皮腫などの胸部にできる良性および悪性の腫瘍...
呼吸器外科では肺や縦隔に対して手術治療を行っていますが、実際どのような手術を行っているのでしょうか?東大病院呼吸器外科の...